最新情報

【ビーバーチャレンジ】サファイアはインドネシア委員会と連携

投稿日:

  • ベブラスチャレンジ後に、この大きな目的の一つである、参加者同士での議論をし易くするために、時差2時間のインドネシア委員会と連携を図ることになりました。使用言語は英語です。


コンテストで争われているのは、Bebras taskと呼ばれる一連の質問です。タスクの負荷は、興味深い画像を備えた問題の説明の形式で提示されるため、参加者は問題をより簡単に理解できます。これらの質問は、最初に情報学を学ぶ必要なく答えることができますが、問題は実際に情報科学と計算思考の特定の概念に関連しています。
Bebras Competitionは、リトアニアで教授によって設立されました。 2004年、ビリニュス大学のValentinaDagiene。Bebrasはリトアニア語で「ビーバー」を意味します。ビーバーは日々の活動で目標を完全に達成しようと努力するため、Bebrasは挑戦の象徴として選ばれました。彼らは川や小川の木の枝からダムを作り、自分の家を作ります。この競争は、人生で必要とされる勤勉さと知性を示すためにベブラと呼ばれます。

Facebook