最新情報

「ビーバーチャレンジ英語版」に参加しよう!

投稿日:2021年8月16日 更新日:

《English follows Japanese》

https://youtu.be/pnjqO6ezN9U

現在の中学3年生が大学進学する2025年度、大学入学共通テストに「情報」という教科が導入されます。情報科学が社会の中でこれまで以上に進化していくことを物語っています。

当センター「サファイア」では、この情報の学習を単なる入試教科としてだけではなく、英語を通して海外の小中高生と情報の学びを共有することに取り組んでいます。

今回「ビーバーチャレンジ英語版」練習問題を5回にわたって東京大学大学院情報理工学系研究科の橋本さんに昨年に引き続き解説してもらいました。最終回ではチャレンジ懸賞問題を出題します。

In the year 2025, when the current junior high school students enter university, the subject of “Informatics” will be introduced in the Common Entrance Examination for University Admission. This indicates that information science will evolve more than ever before in society.

At ‘Sapphire,’ we are working to make this study of information not only a subject for entrance exams, but also to share the study of informatics with elementary, middle and high school students overseas through English.

This year, we have asked Mr. Hashimoto, Graduate School of Information Science and Technology, the University of Tokyo,  to explain the Bebras Challenge English version practice problems in five installments, as he did last year. In the last issue, you will have a challenge prize question.

Facebook