コンピュータ的思考力を診るコンテスト英語版のご案内

投稿日:

締切期限が過ぎました

プログラム概要

【論理的思考力を診る国際標準コンテスト(英語版)
・ビーバーチャレンジのご案内】

「ビーバーチャレンジ」は、8〜18歳の児童・生徒を対象に、「コンピューテーショナル思考」と「コンピューターサイエンス」を促進することを目的とした国際的な取り組みです。 特徴は、オンラインでインタラクティブな課題を解決する国際大会です。 2019年には54か国から278万人以上の児童・生徒が参加しました!

*次にアクセスしていただくと過去問を見ることができます。
(アメリカ版)
http://www.bebraschallenge.org/examples.php

(イングランド版)
http://www.bebras.uk/prepare.html

*昨年度から当センターが「窓口」になって、アメリカ・イングランド主催のBebras Challengeに日本からもご参加いただけることになりました。

*参加ご希望の方は「お申込み(Apply)」または、この一番下方にある、オレンジボックスをクリックしてください。
お申し込みに当たっては下記、記入事項をご参照ください。
ご質問等は「お問い合わせ(Contact)」にお入りください。

2020年11月2〜13日に行われる ビーバーチャレンジUSならびにUK(英語版)に参加するためには、「サファイア」からのご登録(お申し込み)が必要です。

参加対象は?
・小学2年生から高校3年生までの児童・生徒。
・チャレンジは5つの年齢層カテゴリで構成されています。
*各カテゴリーごとに定員は20名とさせていただきます。
・事前の知識は必要ありません。

 

申込期限 2020年10月30日
開催期間 2020年11月2日~13日
対象 小学2年生~高校3年生
定員 各カテゴリー20人
費用 キッツ裘、カスター級は無料、それより上級は2,000円

プログラムの説明

児童・生徒にとってがどんなメリットがありますか?
➀*コンピューテーショナル思考と情報学をあらゆる角度をご紹介
*米国など欧米諸国の多くでは、プログラミングはコンピューターサイエンスへの入り口との位置づけとされています。その一方、日本においては、コンピュータサイエンスへの言及はなく、プログラミングそのものを目的としていることが多いようです。
プログラミングはコンピュータサイエンスのごく一部に過ぎない欧米と、プログラミングのみに注目し、目前に広がるコンピュータサイエンスの世界から目を背けるようにしか思えない日本の状況から脱却するためにも、児童・生徒の皆さんにこの「コンピューテーショナル思考」にぜひ触れていただきたいと思います。

②参加者が隠れた才能を発見するのを助けます。コンピューテーショナル思考はオタクだけのものではありません!

③楽しい!質問はインタラクティブなパズルとして設定されており、幅広い情報の概念に触れています。

④レッスンの計画は不要です。:::いきなりチャレンジして大丈夫です。

⑤各参加者は、パーソナライズされた「参加証明書」を受け取ります。成績優秀者には特別な証明書が授与されます。

参加するには何が必要ですか?
インターネットアクセスできる環境と、参加者1人あたりのコンピューター、ラップトップ、タブレットが必要です。

タスクは、コンピューテーショナル思考についての予備知識がなくても答えることができますが、1つの問題に対する学生の適性を明らかにすることができる、楽しくて魅力的な短い質問で構成されています。 それは参加者にコンピューテーショナル思考が日常生活の問題を解決するための不可欠な部分であることを教え、参加者がビーバーチャレンジに興奮することを目指しています!

⇒ご登録(お申込み)は、この下にあるオレンジボックスをクリックしてください。

➀自由記入欄に学校名、生年(西暦)月日もお書きください。

②お申込みになる際、受検されるカテゴリー(アメリカ・イギリス両方)を下記からお選びください。

☆UK(イングランド)7つのカテゴリー
Elite(エリート) 高3
Seniors (シニア)高1, 高2
Intermediates (インター)中2, 中3
Juniors (ジュニア)小6, 中1
Castors (カスター)小4, 小5
Kits (キッツ)小2, 小3

☆US(アメリカ)5つのカテゴリー
Senior (シニア)高1~高3
Junior (ジュニア)中2~高1
Cadet (カデット)小6~中2
Benjamin (ベンジャミン)小5~小6
Castors (カスター)小3~小5

【フィードバック】

自分の結果を点数だけでなく、どこにつまずきがあるのか、どこに力を入れて取り組んでいけば良いか、これからの学習のポイントを示してくれます。さらに力を伸ばすための問題を提供してくれます。また海外の同年の仲間と問題について議論し合うことができるのも今の時代ならではです。

お申込み・お問い合わせ

こちらのプログラムは締切期限が過ぎています。何かご不明な点がございましたらお問い合わせください。

Facebook