GREETING

センター長の挨拶Welcome from the Chairperson

四方義啓(サファイア青少年グローバル交流センター長)

サファイア青少年グローバル交流センターが目指しているのは単に英語が上手になることがゴールではありません。様々な背景を背負った皆さんが、ともに英語を媒体として好きな分野でお互いに夢中になって助け合ったり、競い合っているうちに「目から鱗が・・・」の毎日、今まで経験したことがない何か不思議な気持の高まりを共有することです。英語で言うと ’chemistry’。いつのまにか英語でのコミュニケーションはもちろん、無理なく、自然にいわゆる「国際感覚」が少し身についてしまっているというようにプログラムされています。

メンバーは経験豊かな小学校から大学までの教員のグループです。

私たちは、
1)楽しい交流のために事前の英語研修、訪問する地域の学習は丁寧に行います。
2)スタッフが事前に現地に赴いて受け入れ機関との綿密な話し合いや準備をすることにより、楽しいステイと安全面の確認を徹底させています。
3)海外での研修をその時だけのものとせず、交流の輪が広がるよう、帰国後のプログラムを用意します。
世界はますますボーダーレスになり、物事がグローバルに進んで行く時代です。 思い切って未知の世界に踏み出してみませんか。

The goal of Sapphire Youth Global Exchange Centre is not simply going to be good at English.
We carry a variety of backgrounds, and we feel as if the scales fell from my eyes while getting absorbed and helping each other or competing with each other, using English as a medium in favourite fields. We share the growing mysterious feelings which we have ever experienced.In English it's 'chemistry'.
It is programmed that we have become acquired a little not only communication in English, but also so-called "international feeling" reasonably and naturally before knowing it.
Our members are a group of experienced teachers from elementary school through university.

Our members are a group of experienced teachers from elementary school through university.

We
1)will do English language training beforehand and learning of the area to visit carefully for happy exchanges.
2)confirm thoroughly the pleasant stay and safety by having the staff go to the site in advance, discussing closely the program and preparing for it with the host institution.
3)prepare for a special program after returning home so that the circle of exchanges will be expanded without having overseas training only at that time.
Now the world becomes increasingly borderless and it is an era when things go globally. Why do not you step into the unknown world?

ABOUT

サファイア青少年グローバル交流センターについてAbout Sapphire

当センターは、全国の小学校・中学校・高等学校、大学の教員および教員経験者が、日本の青少年に、海外の同世代とのスポーツ・サイエンス・文化活動・国際関係研究の4分野の交流プログラムを提案することにより、継続的な親善関係を築くとともに、21世紀に必須の「国際感覚」を早期から身につけ、それぞれの夢実現を支援することを目的として2016年に設立されました。

The Centre was established in 2016 with the two aims by the Japanese teachers from primary schools through university. One is for supporting continuous goodwill relationship with the same generation overseas and "international sense" indispensable to the young in the 21st century. And the other is for suggesting four exchange programs - science, sports, cultural activities and international relations studies to them.

会長(センター長) 四方義啓[名古屋大学名誉教授]
代表理事(事務局長) 白拍子新[元早稲田中学・高等学校教諭、元海陽中等教育学校教諭]
専務理事(普及・広報・渉外担当) 北原達正[子どもの理科離れをなくす会代表]
理事(企画・運営担当) 野口和喜子、麦島清次郎