ブログ

サファイアオンライン寺子屋通信

Sapphire Online Terakoya Newsletter #7

投稿日:

サファイアオンライン寺子屋通信 第7号
~オンライン寺子屋の進むべき道~

【English-translated version】

The Road Sapphire Online Terakoya should go

A primary school student at a “Terakoya” said to me,  “I want to study online with my friends.” At present, the class at Terakoya is one-on-one, but when I listen to his story carefully, the future of online classes is coming into view.

It has been pointed out that we find it especially difficult to give online classes to primary school students, in contrast to university students and secondary school students, in terms of concentration and motivation.

Generally, in online classes at school, unlike offline classes (face-to-face classes), students take time to prepare for a lesson. And while the video feature allows them to see each other’s faces, they will also find that they can’t talk like they do when they are in offline classes. If they talk at the same time, they will not know what they are saying, so when one student speaks, the other students will naturally listen silently. Therefore, unlike offline classes, they feel that everyone cannot deepen their thoughts. It is easier for 3 to 4 people to discuss ideas and deepen them. I think that it is the same for secondary school students, but once you get used to online classes, it may be a natural flow for the  “connection” next.

While there is a demand for a view of academic ability from the content base (centered on knowledge and content) to the competency base (centered on qualities and abilities), I think that 3-4 pairs in parallel with 1-on-1 at “Online Terakoya” is an ideal teaching style.

I think that the balance between online classes and offline classes will change dramatically in the school of the Coronal Age up to about 8:2 in the future. I once reported that after many schools in Estonia reopened, the students no longer go to school every day. When this happens, the role of teachers, whether in offline or online classes, is not the “instructor”, but the role of “walking together” with students to develop “students who have the ability to learn independently” will be asked for.

The core of “Online Terakoya” is the existence of university students, who have a sense of purpose and talk about their future. This “sense of purpose” tends to be lost while teachers are constantly making devices and video teaching materials.  In the future, it will be important for students to learn without others’ help, with the addition of output activities after they have input indicating how to learn.

小学校に通う「寺子屋」の子どもから、「友だちと一緒にオンラインで勉強したい」と相談がありました。現在は1対1で行っている寺子屋の授業ですが、よくよく話を聞いてみると、このオンライン授業の将来性が見えてきました。

大学生や中高校生と異なり、小学生は集中力やモチベーションの維持の観点からオンライン授業は特に難しいという指摘があります。

一般的に、学校のオンライン授業では、オフライン授業(対面型の授業)とは違い、準備作業に時間がかかります。そして、ビデオ機能ではお互いの顔を見ることはできるものの、オフライン授業のような話し合いができないことに子どもたちも気がつきます。同時に話をすると、何を言っているのかわからなくなるため、1人が話をすると、ほかの子は自然と黙って聞くようになります。だから、オフライン授業と違って、みんなで考えを深めることができないと感じています。3~4人のほうが考えを話し合いやすく、考えを深めやすくなります。中高生も同じだとは思いますが、オンライン授業に慣れてくると、次に「つながり」を求めてくるのは自然な流れなのかもしれません。

これまでのコンテンツベース(知識・内容中心)からコンピテンシーベース(資質・能力中心)への学力観が求められている中で、「オンライン寺子屋」では、1対1と並行して、3~4対1を理想的な授業形態にしていきたいと考えます。

コロナ禍時代の学校にあって、オンライン授業とオフライン授業のバランスは将来的に8:2ぐらいに大きく変わるのではないかと考えています。エストニアの学校では、再開後、毎日登校することがなくなったと以前お話いたしましたが、そういうことなのです。そうなったとき、教員の役割はオフライン授業でもオンライン授業でも、「指導者」ではなく、「主体的に学ぶ力を持つ子」を育成するために子どもたちと「共に歩く」という役割がより求められるでしょう。

将来の夢を語り、目的意識をもつ大学生が教えるというのが、「オンライン寺子屋」の肝になっています。デバイスや動画教材づくりに終始していると、この「目的意識」が抜け落ちてしまいがちになります。今後、学び方を示すインプットをしたら、 アウトプットをする活動も付け加え、子どもが1人で学んでいけるような活動が大切になってきます。

 

 

Facebook