ブログ

赤坂見附街歩き

赤坂見附街歩き(3)

投稿日:

今回は「サファイア」のお隣さんと言ってもいいでしょう、青山通りに出て、西に歩いてすぐの九郎九坂との角にある、豐川稲荷東京別院をご紹介します。

正式名を「宗教法人 豐川閣妙嚴寺(とよかわかくみょうごんじ)」と称する曹洞宗の寺院です。

江戸時代、大岡越前守忠相公(おおおかえちぜんのかみただすけこう)が日常信仰されていた豊川稲荷のご分霊がお祀りされています。
明治20年に赤坂一ツ木の大岡邸から現在地に移転し、愛知県豊川閣の直轄の別院となり今日に至ったものです。

豊川稲荷を信仰した方としては、古くは今川義元、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、九鬼嘉隆、渡辺崋山など武将達から信仰を集め、さらに江戸時代には、庶民の間で商売繁盛、家内安全、福徳開運の神として全国に信仰が広まりました。

最近は、芸能人やスポーツ選手も来られると聞いています。そう言う私も境内で黒柳徹子さんにお目にかかったことがあります。

 

青山通り×九郎九坂より入る

 

 

Facebook