ブログ

とびらを開く

【モニター小学校募集】コンピュータ・サイエンス教育のために

投稿日:

いわゆる*STEM(ステム)教育をヨーロッパではSTEAM(スティーム)教育と呼んでいます。Aが加えられています。それはARTです。エストニアをはじめヨーロッパ諸国ではコンピュータ・サイエンスにおいてARTを極めて重要視していることがわかります。

*STEM教育とは、”Science, Technology, Engineering and Mathematics” すなわち科学・技術・工学・数学の教育分野を総称する語であり、2000年代に米国で始まった教育モデル。

当センターでは これまでも防衛、防災、流通・経済、医療などエストニアのブロックチェーン・Xロードに学ぶ必要性を訴えてきました。新型コロナ感染症拡大阻止をめぐる一連の出来事、マイナンバーカードや特別給付金をめぐる混乱、今月の九州豪雨の報道に接するにつけて、デジタル国家として先進国となっているエストニアに見習うべき点は多いと再確認しています。

これは教育についても同じことが言えます。

今年から必修化されているプログラミング教育の考え方は、文科省が発表しているガイドラインを読むと、ヨーロッパのプログラミング教育に対する考え方とはずいぶん異なっていることがわかります。日本では、教育を「コロナ以前」に戻そうとしています。ところがエストニアでは図らずも「コロナ以後」に新しい学校教育が始まっているようです。それはすでに以前から、学校と家庭間のオンラインでのコミュニケーションを構築してきたことが大きいようです。

現状、日本がエストニアに追いつくことは困難ではありますが、2050年を生きる子どもたちのために、今の日本が学ぶ意義は大きいのです。それほど豊かでないエストニアは PISA(OECDによる国際学習到達度調査)において、並み居るアジア諸国やフィンランド、オランダなどの特色ある教育制度を持つ国と肩を並べています。

当センターではエストニアでどのような教育が行われているか、昨年夏から研究してまいりました。それがよくわかるのは「教科書」と考え、エストニアの小学校低学年で行われている「コンピュータ・サイエンス」の教科書の日本版を作成しています。この教科書がコンピュータ・サイエンス教育の「有効なワクチン」になることを願い、現場で使っていただける小学校をモニター校として広く募集しています。

【English Version】
So-called *STEM education is called STEAM education in Europe. A is added. That is ART. It can be seen that ART is extremely important in computer science in European countries including Estonia.

*STEM education is a term that collectively refers to “Science, Technology, Engineering and Mathematics”, that is, education fields of science, technology, engineering, and mathematics, and is an educational model that started in the United States in the 2000s.

Our center has been appealing the need to learn from Estonian blockchain and X-road such as defense, disaster prevention, distribution/economics, and medical care. There are many points to emulate in Estonia, which has become a developed country as a digital nation, in contact with the series of events surrounding the spread of new corona infectious diseases, the confusion over my number card and special benefits, and the heavy rain in Kyushu this month. I am reconfirming.

The same is true for education.

When you read the guidelines published by the Ministry of Education, you can see that Japanese concept of programming education, which has been compulsory since this year, is quite different from that of Europe. In Japan, we are trying to return education to “pre-corona”. In Estonia, however, new school education seems to have begun “after Corona”. It seems that they have already built online communication between school and home for a long time.

At present, it is difficult for Japan to catch up with Estonia, but it is of great significance for Japan to learn for the children living in 2050. Estonia, which is not that rich, is in PISA (Programme for International Student Assessment, OECD’s learning achievement survey)
We are on par with other countries with distinctive educational systems such as Asian countries, Finland and the Netherlands.

We have been studying what kind of education is provided in Estonia since last summer. I think that it is well understood that it is a “textbook”, and I am making a Japanese version of the textbook of “computer science” which is being done in the lower grades of elementary school in Estonia. Hoping that this textbook will become an “effective vaccine” for computer science education, we are broadly recruiting elementary schools that can be used in the field as monitor schools.

Facebook