ブログ

とびらを開く

海外教育事情:エストニア情報教育最前線 (3)

投稿日:2019年10月11日 更新日:

前出のG Adolf Gymnasium等全国28校で始められている新しいカリキュラムを見ていく前に エストニアの教育システムについて、日本との違いを知っておきたい。

エストニアには日本の「文部科学省」のように指導内容も含めて指導監督する役所はない。一定の学力の水準の定めは国/「教育研究省」がしているが 独自のカリキュラムを設計する責任がある学校のためのガイドラインにすぎない。それを達成する方法について 各学校は高いレベルの自主性を享受しているため「教科書」を好きなように活用できる:また これらのトピックの一部のみを教えることも 課外活動に使用することもできる。

学校が責任感を持って教育に当たるので創造性(creativity)が発揮され、いい効果が得られる。また、生徒には16歳で基礎教育が終了する際に、クリエイティブ・アサインメント(creative assignment)を課すが、これは生徒各自が自由にエッセイを書くもので、自主学習を促す効果がある。

一方、ほとんどの児童・生徒は、1年生から12年生までの80%の同じコース/内容を学習する(ドイツやオランダでは、12歳で子供が3-4トラックに分かれている:職業・学問・ビジネスなど)。

今回の新しい情報教育のカリキュラムは 公式の全国統一カリキュラムではない。 しかし 無償で入手できる良質の教科書があれば 多くの学校はそれが「公式」でなくても教え始めるのである。

そもそも アメリカでオバマ大統領の2009年就任後にSTEM教育が本格化し、年間で数十億ドルという予算が重点投資された。STEM教育を中心に、科学技術に優れた人材をより多く育成しようという国家的な戦略が進められたのだ。
一方、ヨーロッパではこれにARTが加わり、STEAM教育と呼ばれている。エストニアの情報教育カリキュラムによく表れている。
2019-2020情報教育エストニアカリキュラム
上記「情報教育カリキュラム」でもわかるように 初等教育低学年(小学校1年・7歳)から計画に従って行われる。

1年生のトピックスは次の3つである。
(1)デジタルアート
(2)コード(暗号学)
(3)デジタルセキュリティ

今回は(1)デジタルアートを見てみる。

このレッスンは小学校教員と児童がテクノロジーを使用して他の科目と統合し、さまざまなデジタルアートのトピックを完成させることを目的としている。目的は さまざまなデジタルメディアの作成の可能性に精通し より簡単な処理技術を習得し 実践的な活動を通じて新しいスキルと経験を習得することである。
この資料を使用して具体的な例を見てみよう。

絵画や立体作品などアートがタリン市内と同じように校内のあちらこちらに見られるのが印象的である。

「デジタルアート」はさらに3つのパートに分かれていて各10時間が費やされる。

パート1 コンピュータでの描画(10時間)
パート2画像とビデオの編集(11時間)
パート3 アニメーション、サウンド、3D(9時間)

ここではパート1の1時間目を見てみる。1時間目 描画。*TUXペイント(第1問/5問中)

*タックスペイントは、数多くのメディアで取り上げられている、3歳から12歳の子供向けの、フリーのお絵かきプログラムです。 タックスペイントは世界中の学校でコンピュータを用いたお絵かきの授業に使われています。 簡単な操作と楽しい効果音を兼ね備え、マスコットキャラクターが、プログラムを使ってお絵かきをする子供たちの案内役を務めます。日本語環境で使用する場合は、ボタンの文字や説明文などは、全てひらがなやカタカナのみで表示されます。

(第1問)
今日は、お気に入りの季節の絵を描いています。 私たちは紙と鉛筆を使用しませんが、コンピューター上の描画プログラムで使用します。 プレゼンテーションを見て、友達と話し合ってください。

議論しましょう
エストニアには四季があります。
季節はどう違いますか?
春、夏、秋、冬に自然はどうなりますか?
季節ごとに何ができますか?

1.お気に入りの季節の絵を描きます。 背景から始めます。 次に描きたいものを描きます。 その後、適切なスタンプを追加することもできます。
2.作業内容をコンピュータに保存します。 可能であれば 印刷することもできます。 他の人にあなたの仕事を提示します。
3.時間をまとめてみましょう。
このレッスンでは何を学びましたか? コンピュータでの描画は紙での描画とどのように違いましたか?

お分かりかと思うが、単独で作業したり ペアワーク・グループワークで共同作業したりできる。児童は セルフチェックの演習を通じて および作業中に教員からフィードバックを受け取る。各レッスンの最後には 学んだこと 作業がどのように行われたか どこで どのように使用できるかについて説明するjoint summary(共同要約) を行う。

レポートを引き続きお読みになりたい方はご連絡ください。研究会やエストニア(バルト三国)・フィンランド(北欧)・オランダ・英国へのスタディツアーのご案内も差し上げます。

ご連絡先 https://sapphire-tokyo.jp/contact/  メッセージ本文に、「エストニア情報教育・継続」とお書きください。

[English Version]

Before looking at the new curriculum started at 28 schools nationwide such as G Adolf Gymnasium, I would like to know the difference between Estonian education system and Japan.
Estonia does not have a government office that supervises and supervises, including the contents of guidance, like the Japanese Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology. Although the national / “Ministry of Education and Research” has established a certain level of academic ability, it is only a guideline for schools responsible for designing their own curriculum. How to achieve it Each school enjoys a high level of independence, so you can use “textbooks” as you like: Also, you can teach only some of these topics or use them for extracurricular activities it can.

Since schools are responsible for education, creativity is demonstrated and good effects are obtained. Students are also required to assign creative assignments at the age of 16 at the end of basic education. This is because each student can freely write an essay, which has the effect of encouraging independent learning. .
On the other hand, most students study the same course / content of 80% from 1st grade to 12th grade (in Germany and the Netherlands, children are divided into 3-4 tracks at age 12: profession / study / Business).
This new curriculum for information education is not an official nationalized unified curriculum. However, if there is a good textbook available free of charge, many schools will start teaching even if it is not “official”.

As can be seen in the “Information Education Curriculum” above, it will be carried out according to the plan from the lower grades of primary education (1st grade, 7th grade).
In the United States, President Obama launched STEM education. On the other hand, in Europe, ART is added to this, which is called STEAM education. That is strongly reflected in information education.
There are three first-year topics: Each 10 hours are spent.
(1) Digital art
(2) Code (cryptography)
(3) Digital security
Let’s take a look at (1) Digital Art this time. This topic is further divided into three parts.
This lesson is intended for elementary teachers and children to use technology to integrate with other subjects and complete various digital art topics. The purpose is to become familiar with the possibilities of creating various digital media, to acquire simpler processing techniques, and to acquire new skills and experiences through practical activities.
Using this material, you can work alone or collaborate in pair work or group work. Students receive feedback from teachers through self-check exercises and during work. At the end of each lesson is a joint summary that explains what you have learned, how the work was done, and where you can use it. Let’s look at a specific example.

Part 1
1 hour drawing. * TUX Paint (5 questions)
* Tax Paint is a free drawing program for children aged 3 to 12 that has been featured in many media. Tux Paint is used for drawing classes using computers at schools around the world. With simple operation and fun sound effects, the mascot character serves as a guide for children drawing with the program. When used in a Japanese environment, the button text and description are all displayed in hiragana and katakana only.
(Question 1) Please draw your favorite season
I’m drawing a picture of my favorite sitter today. We don’t use paper and pencil, but we do it in a drawing program on a computer. Watch the presentation and discuss with your friends.
Let’s discuss
Estonia has four seasons.
How is the season different?
What happens to nature in spring, summer, autumn and winter?
What can you do for each season?

1. Draw pictures of your favorite contributors. Start with the background. Next, draw what you want to draw. You can then add an appropriate stamp.
2. Save your work to your computer. You can also print if you can. Present your work to others.
3. Let’s summarize the time.
What did you learn in this lesson? How was drawing on a computer different from drawing on paper?

 

 

 

 

 

Facebook