ブログ

とびらを開く

エストニアメソッド表紙について

投稿日:2020年7月29日 更新日:

The Image of Cover : Estonia Method  Computer Science Education for Primary school lower graders  (Japan Special version)

We are currently working on a Japan version of the “Introduction to Computer Science” textbook for the lower graders of primary school used in Estonia. This time, Ms Tomoko Onuma, who drew its cover, explained it below:

’The image on the cover is a picture of a swallow (Estonia’s national bird) coming from Estonia, carrying a rainbow and transmitting computer science to Japanese children, learning with excitement.

The rainbow is a bridge that connects Estonia and Japan, and robots cross over it to come to Japan. The cherry blossoms swallowed by the swallows and the cornflowers (Estonia’s national flower) in the rainbow are proof of cultural exchange.

May this rainbow connect to other countries, and spread good culture and learning to the world. We intend to include this wish.’

Burgmüller :‘L’hirondelle’ performed by Takuya Okajima

 

現在、エストニアで使用されている小学校低学年向けの「コンピュータサイエンス入門」の教科書日本版を作成中です。今回はその表紙を描いた大沼朋子さんに解説していただきました。

『表紙のイメージは、エストニアからやって来たツバメ(エストニアの国鳥)が虹を架けながらコンピューターサイエンスを日本の子ども達へ伝え、わくわくしながら学ぶ子ども達の姿を描きました。

虹はエストニアと日本を繋ぐ架け橋で、その上をロボット達が渡り日本にやってきます。ツバメが咥えている桜と、虹の中にある矢車菊(エストニアの国花)は文化交流の証です。

この虹がまた他国へと繋がり、良き文化と学びが世界へ広がっていきますように。そんな願いも込めています。』

ブルグミュラー:「つばめ」(演奏:岡嶋拓也さん)

 

Facebook