ブログ

とびらを開く

コンピュータ的思考を鍛えるとは…(1)

投稿日:2020年4月26日 更新日:

Welcome to Bebras Blog Plaza in Japan!
(You can scroll and read the English Version)
https://sapphire-tokyo.jp/blog/to-all-my-friends-around-the-world-0321/

「コンピュータ的思考」という語を耳にしたことがありますか?日本ではあまり馴染みのない語ですが 世界の小・中・高校ではこのComputing thinking (コンピュータ的思考)を鍛える学びが着実に広がっています。

この学びの機会を与えている筆頭にあるのが「ビーバーチャレンジ」という国際的な取り組みです。その実施団体の統計によりますと、2019年度の参加者はご覧のとおりです。
https://www.bebras.org/?q=statistics

15年ほど前にヨーロッパで始まっただけに ヨーロッパ諸国 特に、フランス、ドイツ、英国が上位を占めています。3位のUK(4か国)は イングランドが2014年に’Computing’の教科が必修化されて以来 このプロジェクトへの参加者が急増しています。また 4位のインドは2018年に初参加したのですが いきなり13万人以上の参加となりました。

折りしも 新型コロナウィルスに関するニュースの中で 韓国のドライブスルー・台湾のマスクをめぐるアプリ さらにはオンラインで注目を集める中国生まれのZOOM社。このような発想はどうやって生まれるのでしょうか?実はこれらの国では 小学生の頃から「考える」トレーニングを重視する教育が行われています。

アジアで一番参加者が多い台湾では14万人。韓国は4万人余りですが参加者を伸ばしています。日本も10年ほど前から活動が始まっています。

さて ひときわ目を惹くフランスの70万人越えはこの「ビーバーチャレンジ」がどのような性質なのかを物語っています。

次回はこの点についてお伝えします。

*当センターでは全国の小・中・高校生に「ビーバーチャレンジ」を学校休校中 無料で体験していただける特設サイトを設けています。

https://sapphire-tokyo.jp/bebras-challenge/

[English Version]

Have you ever heard the term “computing thinking”? Although it is a word that is not very familiar in Japan, learning to train this computing thinking is steadily spreading at primary and secondary schools around the world.

The first and important group that gives us this learning opportunity is an international initiative called the “Bebras Challenge”. According to the statistics of the implementing organization, the participants in 2019 are as follows.
https://www.bebras.org/?q=statistics

Since it started in Europe about 15 years ago, European countries, especially France, Germany, and the UK, occupy the top ranks. The third-ranked UK (4 countries) has seen a rapid increase in the number of participants in this project since England became a compulsory subject of’Computing ‘in 2014. In addition, India, which ranked 4th, participated for the first time in 2018, but suddenly more than 130,000 people participated in it.

In the news about the New Coronavirus, South Korean inspection system by drive through, an application over masks in Taiwan and China’s ZOOM company that attracts attention in ‘online’. How do you come up with such an idea? In these countries, education of emphasizing upon “thinking” training is carried out from the lower grades at a primary school.

Taiwan has the largest number of students in Asia, with 140,000. There are more than 40,000 students in South Korea, but the number of participants is increasing. Activities here in Japan started 10 years ago, …?

By the way, the figure of more than 700,000 students in France, which is particularly eye-catching tells what kind of nature this “Beaver Challenge” is.
I will talk about this point next time.

 

 

 

 

Facebook